2185975366

雨の東京・神楽坂に到着。
傘はスーツケースの中で只今搬送中なのだが、東京駅→大手町→神楽坂で、駅徒歩1分もかからないからほぼ濡れずに来れるのはありがたい。

今日は個人セッションの日。

新幹線の中でも仕事したし、余裕があるのでゆっくりした気分である。

夜は東新宿の倉之助に久々にお邪魔しつつ、打ち合わせの予定。

今回は東京~福岡~広島と長丁場なので体調管理にまず気を配りたい。


「与えたものが返ってくる」法則に基づいて野良猫女子が幸せになる方法を考えてみる。

*

外側に起きることは内側にあるもの、という基本原則に基づいて、今の自分の状況を見つめ直してみましょう。
そして、どんなお付き合いが自分の求めているものかを見つけていきましょう。

*

根本先生、ついにメールを送らせていただくことになりました野良猫女子です。
今までずっと見るだけで満足してたのに、自分のキャパ超えた状況になってしまったのでどうかお助けください、、

最近2年ほど前に出会い、一旦付き合うも全然会ってくれず痺れを切らしたわたしからもうええわっと振ったが相手がすがってきて、それから毎日連絡をとり、
恋人のようなイチャイチャ(お互い他に気持ちが行ってないか牽制し合うような)
→たまに近づきすぎて喧嘩
→音信不通
→しばらく経つと元どおり連絡くる。
というお互い距離感をジリジリ保ちながら手合わせ稽古を永遠としてきたような野良猫とお別れしました。(わたしがブロックしました)

理由は彼が転勤により遠距離になったことで連絡が減りわたしが彼のそばに近づこうとしたが故に責めるようになり喧嘩ばかりになったので…。
付き合ってもいないのにめんどくさい女だなと思われていた感じがして、それが辛くて、自分のためでもあり、彼のために身を引くことが愛のつもりでした。

好きとは言ってくれるが会ってくれない苦しさに、もういい加減次に進もう、と思い、色んな男の子と遊びましたところ、熱心に連絡をくれて誘ってくれたりしてくれるんですがみんな途中で連絡がなくなってしまいます。
自然と相手に対してそっけなくしてしまってるかもしれません。そこが野良猫たる所以なんでしょうけど。

野良猫との恋愛で何度もいろんなふうに思考錯誤して連絡して好きを伝えたり伝えられたり関係を進めようと頑張っていたし、お互いに絆があったと思っていた関係だったので、2年間の死闘が終わった今本当にこたえています。

近づこうとして傷ついた分、近づくのは怖いですが野良でいるのは寂しいです。
普通に会ったり近い距離で恋愛できるようになりたいです。
どういう風にこの恋から次に進めばいいんでしょう、、

自暴自棄なのか、男性と約束してはドタキャンということを繰り返してしまっています。(最低ですよね~でもあまり罪悪感がないです泣)
(Nさん)

9737669671


3522422865

(718) 735-0364

大阪での「罪悪感」をテーマにしたワークショップ。
事前にネタを決めておくのではなく、その場で作るプロセス指向セッション。

相棒の隆盛くんがブログにまとめてくれました。
思い切りネタバレだけど、たぶん、同じセミナーは2度とできないからいいか。

/ameblo.jp/takataka245/entry-12413351563.html

その場で作ったアファメーションはこちら。
よかったらお使いください。
(東京のセミナーでもたぶんアファメーションを作りますが微妙に違うものになるはず。)


※最初の「無実」は「無罪」に変えてください。

頂いた感想をご紹介。

本日はありがとうございました。
最初は受講料の高額さに引きましたが、ブログを読むたび、罪悪感というワードが頭から離れず、少しでも自分自身を楽にしてあげられればと思い、参加しました。
中盤からの瞑想タイムでは、はからずも涙が出てしまい、自分が泣いているとは最初気づきませんでした。
そして目を開けたあとは非常にぐったりと感じました。根本先生の声は(前回の講演会でも思ったのですが)聞いてて眠くなるのでしっかりしなくちゃと思うのですが、瞑想タイムとなるとその威力が最大限に発揮されるのですね。
感謝のお手紙のワークでは、私がいちばん罪悪感を感じている夫に対して沢山の感謝の言葉を生み出すことができました。
罪悪感には苦しめられることも多いですけどそれを持っていることで、愛をもって接していけるのなら、罪悪感を感じてもいいんだ、無理に解消しなくても良いんだと思いました。
機会があればまた参加したいと思います。
ありがとうございました。。
(春太郎)
今日はワークショップありがとうございました。
参加して本当に良かったです!
東京から来た甲斐がありました。
本のメッセージも嬉しかったです。

帰りは自分にご褒美のピアスと、大大大好きなたこ焼き三昧と、ちょー幸せな帰り道にしました。
自分の”好き”な気持ちに素直になれた気がします。

今帰りの新幹線の中ですが、眠らなかったら課題に取り組みます。
(Tさん)

東京では11/23(金祝)開催です。

(217) 729-9034


(418) 964-1675

さすがはドラマティック人生を自ら選択しただけあります(笑)

でも、ちゃんと自己肯定感につながっているし、その気付きもめちゃくちゃ素晴らしいし、ほんとうによかった。

これからの人生が楽しみですね!!!

根本先生、お久しぶりです。札幌のセミナー&懇親会でお世話になったMです!
その後のご報告を致したく、メールします。

私はセミナー&懇親会で、かなり浄化されたように感じ、自己肯定感が急激に上がりました。毎日楽しくシャキシャキ過ごしていました。
5年間ダラダラ続いた不倫を手放し、新しく彼氏が出来ました!
と、ここまでは いいんですが、その幸せはあっという間に終了しました。

私は恋愛ごっこ、恋愛練習をしたかったのだと思います。練習相手には ちょうど良いHを選んだのだと。お付き合いは すごく楽しくて、自由で大切にされるのが心地よかったです。その時は彼が大好きでした。毎日お花畑にいるようでした笑

その別れの直後、絶妙なタイミングで、不倫相手 F から連絡が来て、また振り出しに戻りかけました。
その後、楽しみをもっと見つけよう、世界をもっと広げようと、スポーツを始めました。が、始めてすぐに、骨折。

短期間にいろいろなことがあり(引き起こし)、私はとても疲れていました。
骨折での入院中、私は ゼロ以下のマイナスへ戻った今の状況と向き合い、ゆっくり自分と向き合いました。
私はずっと1人ぼっちではなかったこと、今までもいろんな人に助けられて守られて来たことに気付きました。全てに感謝と愛の気持ちを持つことが 出来るようになりました。私は私、人は人、心からそう思えるようになりました。私は大切にされる価値がある、と。
根本先生から教わったアファメーションや、自己肯定感を上げるセミナー、ブログ、書籍の成果です(ハート)
これがセミナー後に起こったことです。

今回のようなケガの状況は20年前にもありました。自分自身クタクタの精神状態の時にスポーツをやって、骨折しました。当時は自分を癒すことが上手く出来なかったです。
この2回の骨折は、痛みを伴うスパルタ的なドS無意識からのメッセージのようです笑
このような大掛かりな状況を私の無意識は20年かけて引き起こしてくれたようです。私は今回のことを、私がこの人生で学ぶべきことの1つ、かなりの重要課題なのではないかと認識しました。なぜ父と母の元に生まれてきたのか、私が今世で学ぶべきことです。

「自己肯定感上がってる?」
少しずつ上がってます!ありがとうございます!


818-744-0248

こんばんは。
2018年3月29日のブログにメールを取り上げていただいた、Oと申します。

あれから女性性のお花育てと、気付いた思い込みを外していったところ、近くにいる男性が気になるようになってきました。

今までの自分では、恋愛対象に入らないような男性で。
5歳年下で、超アグレッシブな社交家という、私には無いものばかりを備えています。
とてもしっかりしているので、これまで頼って甘えていました。
意識していなかったので、それはもう自然と 笑

今までは、年下へは“頼ってはいけない”という気持ちが根底にあり(長女だから?)、かつ、年下の男性を恋愛対象にしていいような魅力があるとは、自分では思えなかったのです。

最近、周囲から“いい感じ”とか“カップルっぽい”と言われだし、「おや?年下男性も恋愛対象にしてもいいの?」と分かりやすく意識しだしました。

最近特にかまってくれる(からかわれる)気がするけど、私は上手く対応できなくて、ワタワタしています。
だって恥ずかしいんですもの。。

でも、好きになって傷つかないように防御している自分もいます。怖いよー!!

彼の周りは男女問わずたくさんの人がいるので、私のポジションは、その中のよく会う1人かな。とモヤモヤ。。

もう「好きー!!!」となって、バシーンッ!と飛び込みたいけど、怖いよーーー!!!

考え過ぎはよくないのは分かっているのです。
もう感覚で進んでしまえー!と思いつつ、足踏みしています。

怖いってことは、魅力を感じていること!!!!ですね~
すばらしい♪

怖い怖いって感じながらも、自分に「どうしたいの?どうなりたいの?」って問いかけ続けてみてください。

気が付けばどっぼーん!!と飛び込んでるかもしれません(笑)

怖いの我慢して飛び込むのはお勧めじゃないので(猪突猛進になりやすいでしょ?)、そうやって自分とちゃんと話をしてあげることがいいと思うんです!!

噂の記事はこちらです↓↓↓

(442) 245-2758


(10/29受付開始)2019年1月開講の根本のお弟子さん制度について

とてもありがたいことに兼ねてから
「根本さんはカウンセラーを育成しないんですか?」
「根本さんってお弟子さんはとってらっしゃらないんですか?」
「根本さんのカウンセリングの手法を学ぶ機会ってありませんか?」
「根本さんの元でカウンセラーの勉強をしたいです」
という声を頂いておりました。

しかし、当時の私の答えは「ごめんね~。育成って言っても何をしていいか分からないんだよね。僕の母校の神戸メンタルサービスを検索してみて~」でした。

私がカウンセラーとしてデビューしたのは20年ほど前。
その当時と今とでは環境が全く違います。
そして、私は当時から良かれと思ったことを手あたり次第取り込んで今に至ります。
師匠から学んだことをベースに、あちこちのセミナーに出かけ、本を読み、ブログで勉強して今に至ります。
もちろん、最大の学びは実際のクライアントさんとのカウンセリングやセミナーです。
今までも、そして、今も、どうすればいいんだ?ということを考え続けてきています。

また、おかげさまで人気カウンセラーという肩書で呼んでもらえることも多いですし、本もたくさん書かせていただいているのですが、自分の実力はそない大したことないと思っているんです。
もっとすごい人、もっとできる人、もっと成果を出している人がいつもいて、「自分はまだまだだなあ。ほんとに才能ないなあ」と感じています。
時には嫉妬もするし、自己嫌悪するときもあります。
自己肯定感を売りの一つにしているにも関わらず、です(笑)

だから、もっと向上したい、もっとうまくなりたい、と思い続けています。

カウンセリングやセミナーは大好きです。
大好きだからこそ、そこにコンプレックスも生まれます。
才能のある人に嫉妬したり、すごい成果を出してる人に劣等感を感じたりするんです。

でも、今の自分にできることしかできないので、常にベストを尽くそうと思ってやってきました。

そもそも私の直接の師匠である平準司氏や前川安三(長谷川泰三)氏(故人)はどう見ても天才だったので、自分がカウンセラーになった頃は自分の無能さを嘆くばかりでした。
しかし、そんな自分を慕ってカウンセリングに来てくださる方がいらっしゃるんですね。
「僕のところに来るよりも師匠のところに行けばいいのに」と内心思いながらも、必死に何とかしようとしていました。

しかし、彼らが天才であるがゆえに気付いたことがありました。
「競争したってしょうがない。自分にできることにベストを尽くせばいい」と。
そう思ったらとても気持ちが楽になったので、それからは興味のあることを吸収し続けながら、「自分にできること」「自分らしいこと」をずっと追い求めてきました。
だから、5年前、10年前と今とでは言ってることが全然違うかもしれません。

数字にはあまり興味がないので具体的には挙げられないのですが、1対1の個人セッションはのべ1万人以上、セミナーは数千回はやって来たと思います。
その中で、自分に合うスタイルを模索しながら、自分なりのカウンセリングスタイルを確立して来ました。
その一つは「自然体であること」。それが自分が楽だからです。
また「安心、希望、笑いを届けること」。自分が与えたいことは突き詰めるとその3つだから。

そうして自分のスタイルを模索し続けている中で、「根本さんの弟子になりたい」とか「カウンセリングを学びたい」という人に出会うようになりました。

「自分らしくやるのがカウンセリングだから、僕のやり方を学んでもあなたに合うとは思えないけどなあ」と思ったり、「正直、何を教えていいのか分からないんだよね~」と思ったりして、そうした声は華麗にスルーしてきたわけです。

しかし、ある時「そうした自然体でやるやり方を伝えることはできるよね」と気付き、「分からないんだったら聞けばいいじゃん」と思い付き、リトリートセミナーの参加者たちから「お弟子さん制度0期」を立ち上げました。
そこで、何を教えればいいのか、何を知りたいのかを集計しつつ、いろんな意見を吸収しながらカリキュラムを作ってきました。

そしたら、思った以上に楽しいし面白いんですよね(笑)
あら、なんだ、自分がやりたかったことなのかもしれない!と思い始めています。

そして、自分が頑張ったり、苦しくなったりしない範囲でカリキュラムを作りました。
そこに私の約20年分の知識、経験、思いを入れました。
私が役に立ったこと、私が好きなこと、私のあり方、思いを詰め込みました。

それがお弟子さん制度1期として今回リリースするセミナーとなります。
とはいえ、飽き性な性格で、同じことを何度もすることができないので、内容を常に刷新しながら開催したいと思いますし、その時の気分でカリキュラムの内容がガラッと変わってしまうかもしれません。
そして、いきなり「やっぱ、やーめた」となるかもしれません(笑)

それでもええよ、という寛大なる心をお持ちの方を対象に、お弟子さん制度を立ち上げます。
興味を持ってくださった方はぜひこの先を読み進めてください。

3212978245


大阪:11/20(火)19:30-21:30 梅田蔦屋書店4thラウンジにて講演会「自己肯定感をあげながらライフワークを生きる方法」

11/20(火)に大阪駅の真上にあるルクアイーレの「蔦屋書店」にて講演会を開催していただくことになりました。
19:30スタートですので、仕事帰りにちょうどいいかな?と思っています。3,000円で受講していただけるのでとってもお得です!


『自己肯定感をあげながらライフワークを生きる方法』

私たちはつい、
自分を周りの人と比べたり、
自分の理想と現実の違いに苦しんだり、
頑張って”何者か”になろうとしたりしているのかもしれません。

これらの裏側には、「今の自分ではダメだ」という”自己否定”があるのです。

あなたは「誰かからダメ出しをされたら、やる気になるタイプ」ですか?

もしその問いに”Yes”ならば、自己否定は効果的な手法です。
しかし、もしもその答えが”No”ならば。
自己否定はあなたのモチベーションをどんどん下げる効果しか与えません。
だから、まずは、今の自分をありのままに受け入れること(自己肯定感)から始めてみると良いのです。

また「ライフワークを生きる」と言っても、そもそも自分が何をしたいのかが分からなかったり、自分の好きなものがあいまいになったりしていて、「どれが自分らしい生き方なのか?」「どういう風に生きればいいのか?」と迷ってしまう方も少なくないでしょう。

特に今の時代、価値観が多様化していて、私たちは様々な生き方を選べるようになりました。
かつての「いい大学に入り、いい会社に入れば大丈夫」という時代ではなくなりました。
一方、様々なマネタイズの方法が提供されるようになり、働き方そのものも自分らしくデザインすることが可能になってきたのです。
そんな時代ですから、今までなら仕事にならなかったようなことがお金を生むようになってきました。
YouTuberという職業も最近生まれたものですし、また、メルカリなどで副業としては十分すぎる収益を得ている人もいます。
(250) 426-3255